バイクCity

修理 85ch メニュー
管理 カート Login リスト

当社オペレーションに関して


※ 当社は ヤフオクヤフーショッピングアマゾン楽天ワウマEbay自社サイト(国内PC向け国内スマホ向け海外スマホ向け国内スマホアプリ で B to C (Business to Consumer)の販売を行っています。2016年の実績では年間流通額(取扱高)で2億円の規模です。



インターネットは眠りません。毎日数百個の商品を販売しているのです。

販売会社は、クオリティーの高い商品を供給することは当たり前なのですが、ご購入いただいた商品を迅速に確実にお客様にお届けすることも必須です。

ここで、当社の販売に関する 一連のオペレーションをお伝えします。

約2億円の流通を支える 販売・管理・流通のシステムはすべて 自社開発です。

※ 商品の製造

当社における商品の製造とは、バイクを分解して 部品にするということとなります。

※ しかし 例えですが「じゃがいも がなければ ポテチが作れない」 つまり バイクを仕入れないと 部品の供給はストップしてしまいます。

当社では、複数の 業者専門オークションに参加して、「今」お客様が望む商品を当社のビックデーターの中から 抽出して 旬の商品の安定した仕入れを実現しています。

当社には、国家資格整備士が複数働いています、一部資格取得前の社員もいますが、国家資格整備士の監督のもと 商品の製造を行っています。



※ 部品の商品化

当社はインターネットの販売会社です。(よくバイク屋とか 解体屋とか揶揄されますが・・ ITの会社です 笑 ) したがって Web上の商品を掲載することが「商品化」にあたります。

最初に 弊社システムに商品在庫登録を行い その後 複数の販売サイトに展開します。

この 入力システムも自社開発のプログラムです、開発の合言葉は「バイクのことを知らない 女性でも 入社したその日から扱えるシステム」です。パソコン掲載であれば マウス操作のみ(キーボードが不必要)で可能です。 タブレットであれば 当然タップだけで掲載が完了します。

入力済の商品を 専門の担当者がチェックした後 各サイトに展開するのですが この際も マウス操作のみで 掲載が完了します。

※ 商品が売れたら!



元旦の午前1時でも 商品は売れるのです。 商品が売れると APIで販売商品 と 顧客データーを紐付けします。 APIで取得したお支払情報 とも 紐付けが行われますが、ここでは専門の受注担当者が、トラブル防止のため 1件毎丁寧に「チェック」を行います。

※ 商品のピックアップ

当社には商品倉庫(デポ)が 複数あります。 ピックアップ担当者のスマホに 商品情報が送られます。

A倉庫 の B通路 何番目の棚 何番目の引き出し のような情報です。



単品出荷の商品の場合 デポから速やかに 出荷が行われます。 同梱商品の場合は 同梱用梱包作業場に同梱商品を異動させます。



※ 顧客管理に関して

現在当社をご利用頂いたことのあるお客様は、2017年現在7万6千人ほどおられます。(メールアドレスベース なので重複はやや含まれます。) ネット取引なのですが 不思議なくらい電話を頂きます。その際 商品・顧客名等の情報がないと受け答えが出来ませんが、弊社では 自社開発プログラムのデーターベースの中から 複数の検索方法にて 短時間で社員ならだれでも情報にアクセスできます。



そして 質問・クレーム等のデーターも、1件の残らずデーターベースに収納され 記録に残っています。 これらのデーターは業務内容改善のために 利用されてゆくのです。

余談ごとですが 弊社が採用したサーバーマシンは トヨタ ベルファイヤーが新車で余裕で購入できる 高性能なサーバーです。

 

※ セキュリティに関して

弊社システムでは 二段階認証によるログインはもちろんのこと データーの参照履歴の保存等 人的・機械的なトラブルを防ぐように設計され 日々進化させながら セキュリティの堅牢性を維持しています。

 

PCページ