発売開始より「11860」日(「32」年)が経過しています。

バリオス250

since 1992

先陣を切っていたバンディット250(GJ74A)の後を追うべく登場。ショートストローク化されたZXR250(ZX250C)ベースのエンジンを大径パイプフレームに搭載したネイキッドモデル。

トヨタ エスティマ エミーナ/ルシーダ

since 1992

初代エスティマのナローボディバージョンが、エミーナ/ルシーダです。 最盛期には、両車で月間2万台ものセールスを記録するヒット作となり、ライバルの日産 バネットセレナを圧倒。しかしホンダ オデッセイの登場で販売が伸び悩み、本家エスティマのモデルチェンジ時に初代限りで廃止となりました。

ホーネット

バリオス

バンティッド

車は消耗品であり、年月が経つにつれ故障も増えていきます。一般的な新車だと10〜15年ほどで故障頻度が高くなってくるため、乗り換えの寿命とも言われます。そして、旧車は製造されてから少なくとも30年は経過していることが多いです。通常の車と同じように利用するとすぐに故障し、維持費が思った以上に高くなってしまいます。 また、製造が廃止されている旧車は修理パーツが販売されていないことも多いです。場合によっては他の車種やモデルのパーツを流用することができますが、不可能な場合はオーダーメイドする必要があります。当然部品価格が高くなるため、維持費も高くなります。

新品の部品が入手できない場合 中古の部品を使うこととなりますが 常識的に新品時の100%の能力を発揮することは不可能です。